スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
光ジュニアの忘年会
2009-12-28 Mon 19:36

12月27日は、今年最後の練習となりました

練習は午前中でおしまい

午後からはみんなで手分けして年明け早々のレースの準備

そして、夕方からは光駅近くの焼肉屋“二番館”を
貸し切って恒例の忘年会

09122703_convert_20091228191458.jpg

子供達の縄張り

09122704_convert_20091228191537.jpg

今年は、ジュニアOBのウルシヤマ夫妻、フジエ夫妻
レーザー光フリートのみなさん、聖光ヨット部の先生方も集まって
にぎやかなひと時をすごしました

09122701_convert_20091228191355.jpg

年明け唐津のミッドウィンターに挑むサイキさんとカツラさん
アスリートに白いご飯は基本です

09122705_convert_20091228191614.jpg

新婚ホヤホヤのフジムラさんもやっぱり白いご飯
あとのオヤジたちは酒があれば大丈夫

09122702_convert_20091228191422.jpg

飲み放題タイムが過ぎても延々飲み続け、思いっきり予算オーバー

お母さんたち、どうもスミマセンでした

来年も頑張っていきましょう!

スポンサーサイト
別窓 | 番外編 | コメント:2 | トラックバック:0 |
OPの安全対策
2009-12-24 Thu 12:27
Hiakri GORE-TEX New Year REGATTA に参加予定のみなさまへ


冬場のレースは、選手にとってスキルアップには絶好の機会です

しかし、経験の浅い選手や年少の選手たちにとっては
厳しい天候も予想されます

みんなが笑顔でレガッタを終えられるよう
今日は安全対策について考えてみたいと思います

といってもOP級のクラスルールの補足みたいなものですが...

その中でこれだけは“絶対守ってね”というポイントをピックアップします


その1 マストロック

DSC04057_convert_20091224101601.jpg

特に写真のマストロックじゃなければダメということはありません

マストホールの前のアイから強度のある索をとって
バングクリートのところで固定する方法もあります

沈したときに船底のマストステップからマストが外れないことが大事です

これを忘れると沈起こしで確実にマストホールを壊してしまいます


その2 センターボードの流れ止め

DSC04058_convert_20091224101634.jpg

沈してセンターボードが流れてしまうと選手の力で沈起こしは不可能です

艇がひっくり返ってもセンターケースからセンターが出ない長さで止めてください


その3 バウライン

DSC04056_convert_20091224101524.jpg

クラスルールでは

『1本の浮くもやいロープ、直径5mm以上、長さ8m以上のもので、
マストスォートかマストステップにしっかり留めなければならない。』

とありますがさらに注意してほしいのは

まとめたバウラインはすぐに解ける状態にしておくこと

先端は、もやい結びで輪をつくっておくこと

ラインの途中にコブ(結び目)がないこと

09122401.jpg

上の写真のように何艇も曳航する際、スムースに曳航準備ができます


その4 アップバック

DSC04055.jpg

3つのアップバックに空気が十分に入っていないと何度アカ汲みしても
艇が沈んでしまいます

空気がすぐに抜けてしまうアップバックは交換してください


その5 その他小物

ベイラー(アカ汲み)やパドル、ドリンクホルダーやスナックバックなど
艇がひっくり返っても流れ出さないようにしっかり流れ止めの索で結んでください

とくにベイラーを海上で流してしまうとアカ汲みが出来ないので大変です

水船の状態では曳航も出来ません


最後に

選手は準備をしたつもりでも海上に出たら忘れていたということがあります
出艇前にもう一度ちゃんと準備されているかどうか
各クラブの指導者/保護者の方もダブルチェックをお願いします

安全で参加してよかったなと思えるレガッタにするために
皆様のご協力お願いします


以下、かってに宣伝

大会期間中3日間、広島からヤシママリンサービスさんが出店してくれます。
OPパーツをお求めの方は、お早めにヤシマさんへご連絡を!


ヤシマさんへ...今後光ジュニアの買い物はスペシャルプライスでおねがいしますw

別窓 | お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0 |
B&G別府クリスマスOP合宿
2009-12-22 Tue 22:08
19・20日に別府クリスマス合宿に
コイズミ兄弟、ハナダ兄弟の4名で参加してきました。
前週から18日~21日は寒波が押し寄せるという天気予報にやきもき
タイヤを冬装備に換え前日夜走って別府入りすることにした

18日の夕方6時すぎにコイズミ家に到着 慌しく荷物を積み込み出発!!
子供たちの後部座席でのDVD鑑賞会が始まった。
しばらくすると後ろから「うゎー」という声 何、ハリーポッターって
そんなに怖いの??!! と思っていたら
4艇分のスパー・センターラダーの重さに耐えられなくなった バーが真っ二つに折れて
子供たちの頭に圧し掛かっていた、イブキが皆が潰れない様に必死に支えてくれていた。
急ぎ閉店間際のイエローハットに滑り込み バーを交換して 再出発!

冬タイヤ効果で順調に走行 7時半ごろ 鹿児島のイワキ氏より
「雪降ってる?チェーンいる?・・・先について合宿部屋を暖めといて」と指令を受けたが
のん気に夕食の為に立ち寄った 美東SAでは雪合戦や雪だるまを作ったりして
普段雪に触ることの無い子供たちは大いに楽しんだ。
IMG_0240[1]

・・・・・宇佐からがキツかった。
10号線をひた走り別府を目指す 途中 前歯の1本かけた笑顔が印象的な青年が
「どこまで行くん?道分かる?」と自分も高田にある会社まで鍵を届けて
また大分まで走らないといけないと言いながら
山口ナンバーの我々を同郷の好で気遣ってくれた
名前も何も聞かず ただ彼が 徳山出身 ということしか分からないけれど
とても嬉しい出会いでした。「ありがとう」
つらい峠越えの最中にヒラバラさんから
「鹿児島は着いたけど もしかして別府を通り過ぎた?」と心配の電話をいただいた。
この峠さえ越えれば別府は直ぐそこなのに・・・

やっとこさ別府に着くと時計は3時半を指していた。
部屋に入るともう布団を敷いて下さっていた。
静かにしようとしているのだけれど7人がごそっと入室したので
シオちゃんを起こしてしまった。ごめんネ。

DSC04045[1]

DSC04043[1]
今回のクリスマス合宿のコーチは後藤浩紀コーチ(SAILFAST)
そして西日本各地の熱いコーチ陣のご指導のもと練習させていただいた。
初日は最大14mの強風と振れまくる風のなかで二次選考会組には絶好の練習条件。

DSC04046[2]
AのBクラスのマサシゲ・ガイオウ・ヨシヒロはバッタバッタと沈起しの練習?!
鼻水を垂らしながらボロボロになって戻ってきました。

二日目も風に恵まれ午前中は前日同様クラス分けセーリング練習後
午後からはレースが行なわれました。
レース後 イブキに「フリーが凄く早かったな!!」と沢山声を掛けていただいた。
頑張れ イブキ!! 
20th, Dec 2009 (Beppu) 113[2]
(photo by Hiraki)

後藤コーチ、別府海洋クラブの皆様、
二日間共風に恵まれとてもよい練習が出来ました。
厚く御礼申し上げます。
美味しい食事におやつにとお心遣いを頂きました
別府のお母さん方 有難うございました。
また 練習にレースに お邪魔させていただきます。
DSC04082[1]
別窓 | 練習 | コメント:0 | トラックバック:0 |
Japan O'pen Bic Cup 2010 第1戦
2009-12-14 Mon 20:24
日曜日の早朝、宮島S.A.でテシマ父とイチローをピックアップして
ハナダ父、ヨシヒロの4人で1000円高速を走ること約3時間半
2010年度のジャパンオープンビックカップ第1戦に行ってきました

第1戦のエントリーは、小学生から大人まで19名(内OPやってる選手は5名)
遠く鎌倉からも親子で参加される方も

2009年度、4戦中2戦入賞したヨシヒロはやる気満々でした...
前回4戦フルエントリーしたイチローも最近ウィンドで鍛えこんでいます

09121401.jpg

レースは、午前中に1レース午後から2レースの合計3レース
レース海面は北西風よく振れ強弱のあるガスティーなコンディション

第1レース、上マーク3位で回航直後に沈するヨシヒロ

09121402.jpg

OPの感覚でアンヒールさせたらひっくり返った...そうです

お昼に戻るとしょっぱなのレースで着順10位に「もうかえろーやー」ってアホか!

あと2つのレースで上位獲ったらまだ入賞できるチャンスあるやん
と言って送り出した第2レース

1上からディフェンディングチャンピオンのフジイ君とイチローとヨシヒロの
三つ巴のトップ争い

09121405.jpg

フィニッシュ直前までリードしてたのに
有利エンドでギリギリでフィニッシュしたフジイ君に鼻の差で敗れ2位

09121406.jpg

一時は、トップに躍り出ようとした第3レース

09121404.jpg

下マーク回航直前のジャイブでブームをセンターに引っ掛け大きく後退

2上で左海面からのリフトに乗って順位を挽回し
なんとか3位でフィニッシュしたものの
第1レースの10位が響いて、入賞には3点差で届かず

今回安定感のある走りを見せたイチローも4位とあと1歩でした

さて今回の入賞者

09121403.jpg

優勝はやっぱりディフェンディングチャンピオン
そして3位に地元兵庫ジュニアでオープンビックカップ2年目のキウチ君

また、第2戦で会おうね~





別窓 | レース | コメント:0 | トラックバック:0 |
坊ちゃんカップ
2009-12-07 Mon 17:40
この週末は、第5回坊ちゃんカップに参加してきました

今回のエントリーは、コイズミ兄弟、タカノ兄弟、ハナダ兄弟
それぞれ2人ずつの合計6人

新居浜の朝はとても穏やかでした

09120702.jpg

開会式が終わり、海上に出ると東からのそよ風

09120714.jpg

東向きにコースを設定しようとすると風向が
じわじわ右に振れはじめ

いつの間にか西の海面の遠くから白波が見え出し

あっというまに

09120713.jpg

180度風向が変わり、グングン風が上がってきました

シーホッパーとOP級Bクラスは、第1レーススタート前にAP/Hでハーバーバック

そしてAクラスはスタートしたものの

フリートの後ろ半分は、サバイバル状態で
結局こちらもN/Hがあがりハーバーに戻りました

3時まで待ったものの風の勢いはおさまらず土曜日のレースは取りやめに

風がなくてレースが出来ない新居浜じゃなかったん?


夕方6時からのレセプションまで間が持たないオヤジたちは
宿舎で4時まえからゼロ次会に突入

09120703.jpg

坊ちゃんカップといえばアダモちゃん、燃料ばっちりでノリノリです
3次会のラーメン屋まで頑張りました


明けて日曜日
土曜日ほどではないものの、風とうねりがしっかり残っていました

シーホッパーとOP級Bクラスは、再びAP/Hで陸上待機
その間にAクラスは3本レースを実施

09120704.jpg

レースをリードするケイジュはダントツの速さで写真には納まりません
2位のレイにもう一息のイブキ

09120711.jpg

フリートになんとかしがみついて走るヨシヒロ

09120707.jpg

最近ちょっとスランプぎみのミツヒロ、まだまだ走れるはず

09120705.jpg

強風での持久力が課題?ヨット筋を鍛えるぞガイオウ

風邪でダウンしたマサシゲはDNC、残念...


風がなかなか収まらないので、Bクラスはどうなる?
と思ってると、岸よりにコースを移してレースをすることに

スタート後コースを走るBクラスは3艇
よくみれば、松山、広島そして光のボートが一艇ずつ

瀬戸内弱風連合の将来を占う一騎打ち

09120715.jpg

エーちゃん、ハイクアウト頑張ってます
Bクラスは、なんとか1レースが成立しました

09120712.jpg

副賞が気になるAクラス入賞選手たち

09120708.jpg

Bクラス2位で公式戦初入賞のエーちゃんと
笹川財団賞をもらったヨシヒロの小学3年生コンビ

「得意のフリーで1位に追いつけなかったけど今日のレース楽しかったよ」
と言ったエーちゃんが印象的でした

09120701.jpg

愛媛県セーリング連盟、松山ジュニアの皆様、大変お世話になりました
また来年も宜しくお願いします

P.S.
来年1月の Hikari GORE-TEX New Year REGATTA ですが
交流村の宿泊希望の方は早めのエントリーお願いします
空室が残り少なくなってきてます

別窓 | レース | コメント:0 | トラックバック:1 |
charioteer
2009-12-02 Wed 00:25
charioteerの続きを読む
別窓 | 番外編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 光ジュニアのセーリング日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。