スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
福山市長杯
2009-08-31 Mon 15:46

8月最後の週末

西日本選手権もおわり、光ジュニアの練習はお休みでした。

それでもせっかくの週末、ヨットに乗らないのはもったいないので

日曜日は夏休み最後の恒例行事、福山市長杯に行ってきました。

OP部門のエントリーは、広島セーリングスクールのみなさんに
マサシゲ、ヨシヒロをまぜてもらい総勢14名

090831001.jpg

東よりの風、5から6メートル、いいカンジです。

090831011.jpg

レーザーでさっそうと出艇していったハマダさん
レースではマツオさんとツノモリさんが代走してました

090831008.jpg

泡の出るカンを片手にスナイプをあやつるヒワ校長
第1レースを貫禄のトップフィニッシュ

090831010.jpg

午前中に2本レースを行い、ビーチに戻りました。
艇を片付けると子供達は海水浴大会

昼食後、閉会式と大人も子供も空クジなしの抽選大会
ハナダ家は、“麦茶ティーバック”、“キレイキレイ”、“いりこ”の3点をゲット。

090831014.jpg

(土曜日の昼過ぎから始まった?)前夜祭に参加できなかったのは残念でしたが、
大人も子供もセーリングが好きな人たちが集まって、気楽にレースを楽しむ雰囲気が
とても印象的でした。


スポンサーサイト
別窓 | レース | コメント:0 | トラックバック:0 |
西日本選手権-最終成績
2009-08-25 Tue 11:30
閉会式で配布されたAクラスの成績表に修正があったようです。

公式ホームページにUPされています。

(リンクを訂正しました)

ヤノさんの写真も追加されていますよ!

別窓 | レース | コメント:0 | トラックバック:0 |
今年の唐津はみんなよく頑張った!
2009-08-24 Mon 15:39
夏休み最大のイベント、唐津の西日本選手権に
予定通り光ジュニアのAクラス8名、Bクラス3名の選手が参加しました。


大会初日のアトランタ記念レース

ハーバーの目の前で右回りの三角コース
陸上に待機しているお母さん達からもよく見えるエキシビジョンレースです。

090823048.jpg


大会2日目の午前中は、土砂降りと雷で陸上待機

SANY0149001.jpg


力をもてあます、光ジュニアのレディース

SANY0151002.jpg

Aクラスは微風の中、午後からなんとか2レースが成立
しかし第2レースはフリートの3分の1がDNFと厳しいレースに

午後4時過ぎにハーバーバックしてみると
Bクラスの第1レースがスタートしたばかりでした。

090823039.jpg


大会3日目、8時半に出艇したものの海上で長い長い風待ちです。

090823002.jpg


なんとかワンカットが入る5レースを成立させるため
Aクラスの準備信号はブラックがガンガンあがります。

SANY0180004.jpg

11時過ぎにようやく海風が入ってきて、第5レースまで成立しました。


こちらはBクラス、モリヤマケNO.3のタッチャン

0908230016.jpg

タカノケNO.3のエーチャン

0908230017.jpg

2人とも入賞はできなかったけど、最後のレースではエーチャンが3位
タッチャンが5位とガンバリました。


表彰式

Bクラス、ワタルが5位入賞

0908230003.jpg

Aクラス、イブキが4位入賞

0908230007.jpg

BクラスのタツヤとAクラスのヨシヒロは敢闘賞をいただきました...?

0908230011.jpg

そして、全日本選手権の出場権をナナちゃんとマサシゲが初めて獲得!!!
2人とも小学1年生からヨットを始めてようやく努力が実りました。

これで今年は、イブキ、ユウカ、ミツヒロ、ナナ、マサシゲ、ヨシヒロの6人が
自力で全日本選手権出場を決めました。

次は2次選進出を目指して、江ノ島だ!

SANY0194003.jpg

佐賀県セーリング連盟ならびに玄海セーリングクラブの皆様へ

今年はレーザーラジアル世界選手権からOP西日本選手権までの長丁場の運営
ご苦労様でした。

そして、おいしい食事を毎日作ってくださったお母様方本当にありがとうございます。


別窓 | レース | コメント:0 | トラックバック:0 |
第32回西日本OP級ヨット選手権
2009-08-19 Wed 17:05

が、今週の金曜日にいよいよ開幕です。

光セーリングクラブからは

Aクラス8名、Bクラス3名の合計11名の選手がエントリーします。

今年の大会ホームページ
http://32th-westjapan-oprace.blogspot.com/

Bクラスの選手たちにとっては、Aクラス昇格への登竜門

Aクラスの選手たちにとっては、全日本選手権への切符をつかむ最後のチャンス!

いい風が吹きますよーに。

別窓 | レース | コメント:0 | トラックバック:0 |
延岡の清流
2009-08-19 Wed 11:57

昨年の『海へ』の8月のエントリーを読んでどうしても行ってみたくなり
http://seakoushi.blogspot.com/2008/08/blog-post_18.html

鹿児島への帰省の途中に
ヤノさんにお願いして連れて行ってもらいました。
090815036.jpg

大分インターから国道326号線を南下すること約2時間で
待合せの北川駅周辺に到着。

車で約3時間ほど仮眠を取り、ヤノさんと道の駅で合流しました。

前日の雨で川の水がどうなるか心配でしたが
朝からばっちりの晴天、水はとてもきれいでした。
090815023_convert_20090819104726.jpg

開会式の10時には、ライバル達が続々集待ってきました。
090815027_convert_20090819104605.jpg

各自の作戦ポイントへ移動
090815032_convert_20090819104830.jpg

我々の武器はコウシのおじいちゃん特製の1本針チョンがけ竿
090815025.jpg
予備の針が支給されたものの
おじいちゃんの竿は丈夫で最後まで針の交換はなし

自分のテリトリーでの戦いに忙しく
子供達に何匹の戦果があったのか不明
090815035_convert_20090819113436_convert_20090819113809.jpg

でもこんなに鮎がかかるとは!
090815034_convert_20090819113403.jpg

子供達は一人当たり鮎5匹の引換券ももらっており
一日では食べきれないほどの鮎でクーラーがいっぱいになりました。

090815037_convert_20090819104658.jpg
獲れたての鮎を炭火で塩焼、サイコーでした。


別窓 | 番外編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
第20回 福岡ジュニアヨット選手権大会
2009-08-13 Thu 13:03
8月8日~9日、小戸ヨットハーバーで開催された『第20回 福岡ジュニアヨット選手権大会』に

イブキ、マサシゲ、ガイオウ、ヨシヒロ(Aクラス)

ワタル(Bクラス)

の5人がエントリーしました。
2009-08-08 18-58-35_0007

台風8号は台湾から中国へ抜けて行き、初日は天候良好、
北北東の風、6から10メートルと絶好のコンディションでした。

が、小戸に着くなり体調不良を訴え始めたマサシゲはテントの下でダウン
出艇時間ギリギリまで様子を見たもののやはりダメ。

残る4人が予定通りの時間に出艇していきました。

白波がチラホラ見える海面で、イブキは第1レース、第2レースをトップでフィニッシュ
続く第3第4レースも3着で優勝を狙える位置で初日を終えました。
090809097.jpg

ガイオウ、ヨシヒロはレース回数をこなす度に気力体力が切れてきてDNFを連発。

Bクラスのワタルは3レースを無難に走りきりました。

大会2日目、昨日より少し風が弱くなっていました。

第5レースを終えたところでカットを入れてイブキ、ケンタ、ミチルが
同点になってるというケンタ情報をスガウチさんから教えてもらいました。

「やっぱりナショナルチームレベルは、ちゃんと計算ができてるんやー」
と光コーチボートの一同感心。

続く第6レースは、ケンタがトップでイブキが2着

ということは最後レースでイブキはケンタの前を走らないと優勝はできない。

そして、第7レース。

下有利スタート、アウターギリギリを狙うイブキの上側にスタート直前にピタッと寄せるケンタ

イブキは下側のポジションをキープできずにラインから押し出されスタートは大失敗

みんながポートにタックを返したあと、ひたすらスタボーで左海面に延ばすイブキ

同じ海面では勝つチャンスがないと判断した作戦が大当たり

次のミートで右海面をリードしていたケンタの前を切れた。

そこですかさずタックしてカバーに入るのかと思えばそのままのコースを走るイブキ

上マーク直前の次のミートでは、ケンタが前を切っていく

フリーでは、ぴったりジュリーボートが2艇をチェックしている中、

イブキが前に出て2上へ。

何度もミートしてケンタの前を切ってカバーに入るチャンスがるのに手前でタックするイブキ
(どういう作戦???ボートスピード勝負?)
090809099.jpg

しかし、ボートスピードで負けなかったイブキが逃げ切りトップでフィニッシュ。

去年の全日本から1点の差で2次選を逃し、ここ最近のレースでも優勝ができそうでできなかった彼

きわどい勝負ながらようやく優勝カップを手にすることができました。
090809098.jpg

出艇前にキックボードでこけてひざを怪我したヨシヒロ、気分屋のガイオウ、

体調不良を引きずったマサシゲ、Bクラスがもう長くなったワタル

4人は今ひとつ切れがない走りでレガッタを終えました。

2009-08-09 15-16-42_0047
なんとか5位入賞のワタル

2009-08-09 15-20-36_0052
ブービー賞と飛び賞を兄弟で分かち合うマサシゲ、ヨシヒロ
マサシゲお前2回目やぞブービー賞、いい加減にしろw

みんな今回のレースをしっかり反省して唐津の西日本選手権につないで行こう。

最後にテンポよく7レースを運営してくださった福岡ジュニア及び福岡県連の皆様
たいへんお世話になりました。

シテイ!!!



別窓 | レース | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 光ジュニアのセーリング日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。