スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
絶好のセーリング日和
2009-05-25 Mon 11:24
090524001.jpg
県の高校総体もあり、日曜日のハーバーはとても賑やかでした。

午前中の練習は、クラス別に分かれてスピード練習から
090524003.jpg

久々に気持ちよく走る風
090524004.jpg

隣の海面では色とりどりのスピンがしっかり風をはらんでいます。
090524008.jpg

午前中の後半は全員で回航練習。
090524012.jpg

午後からさらに風が上がり最大10メートル近くのブローも入ります。
090524015.jpg
久しぶりのスタート練習を1時間みっちり。

朝から夕方まで一日中いい風の中セーリングができました。


スポンサーサイト
別窓 | 練習 | コメント:0 | トラックバック:0 |
初めての抗議
2009-05-18 Mon 12:36
5月16日、17日と琵琶湖ユースレガッタ春季大会へ行ってきました。

光からのエントリーは、マサシゲ、ヨシヒロの2人。
09biwakospring019.jpg

第1日目、予定通り出艇し、北東の風3メートルで第1レーススタートしたものの
2上のレグで風が止みノーレース

お弁当タイムを取って午後に入ると北東の風が再び入ってきました。

第2レースからは、風軸を中心に10度から20度の振れがあるものの
コンスタントに3~5メートルの風が入ってきました。
09biwakospring026.jpg

去年ものすごく苦しめられた水草、今年は少なめでした。

上りのレグは左海面のリフトと右海面のブローどちらをとるかが問題です。
ただ風の強弱がそれほどなかったので上位半分はほとんど団子状態でのレース展開でした。

サイドマーク、下マークでの回航はかなり混雑したようで...

第2レースの下マークで2回転したヨシヒロ。
そのため順位を落としたのが悔しかったか第3レースで赤旗をぶら下げてフィニッシュ。
09biwakospring028.jpg

どうもサイドマークでルームをやった、やらないでもめたらしい。
相手の選手も赤旗をぶら下げていました。

「両方プロテストか、やるなーこいつら」と感心したものもつかの間

まさか抗議をするとは思ってなかったので、抗議書の書き方も教えてない。

第5レースを終え、急いで帰着したヨシヒロのところに行くと
抗議の証人となってくれたヒノ君が抗議書の書き方をレクチャーしてくれていました。

ありがとう。

「宿に帰るのが遅くなるなー」と思いつつ、審問に呼ばれたヨシヒロを待っていると
すぐに戻ってきました。

「なんで?」...「しらん」

プロテスト委員の方からすぐに説明があり
抗議の要件を両艇とも満たさず却下したとのことでした。

ヨシヒロは、第3レースを第2レースと書き発生時刻を書いてなかったので
インシデントの特定ができなかったのが理由でした。

相手の選手は、抗議書を提出したもののレース終了後にレース委員会艇に
抗議の意思を伝えていなかったのが理由でした。

まあ、お互いダメなところが理解できて良かったんじゃないのかな。

今回の琵琶湖での宿は、滋賀県スポーツ会館というハーバーから車で5分ぐらいのとこでした。
山口県スポーツ交流村とコンセプトが同じ施設です。

北九州、広島、松山、中央区のお父さん達と管理係のニイタニさんは大人部屋、
子供達は子供部屋に別れての宿泊。
お父さん達は定番のお茶会。

いつ寝たのか覚えてないですが、たいへん心地よく寝ることができました。

明けて16日、天気予報では全国的に南からの強風だったのですが、琵琶湖は風なし。
上空の雲は南から北へ良く流れているのに、湖面はベタベタです。

マサシゲはブルーギル釣りで琵琶湖を満喫。
09biwakospring017.jpg

結局、この日はノーレースとなり、土曜日に成立した4レースで表彰式となりました。
09biwakospring004.jpg
歴代優勝者には活躍中のオリンピック選手もいるそうです
最近の優勝者もナショナルチームメンバーです。

09biwakospring013.jpg
カズヘイ君が今回の優勝杯を手にしました。

琵琶湖ジュニアの皆さん、たいへんお世話になりました。
別窓 | レース | コメント:1 | トラックバック:0 |
北米選手権日本代表チーム
2009-05-18 Mon 12:19
OP級世界選手権のエントリーのコメントにM山ちちより
2009年北米選手権の日本代表チーム応援ホームページの案内がありました。

リンクはこちら
http://sites.google.com/site/optinam2009republicdominicana/Home

カリブで輝け!瀬戸内連合
別窓 | お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0 |
OP級世界選手権
2009-05-15 Fri 10:18
今年の日本代表チームのホームページの連絡をいただきました。

アドレスは、こちら http://japan-opti.com/2009world/index.html
光ジュニアのホームページにもリンクを貼っています。

GO! GO! TEAM JAPAN !!!
別窓 | お知らせ | コメント:1 | トラックバック:0 |
普賢まつり
2009-05-15 Fri 10:04
いつもジュニアが練習している室積海岸の東端、峨眉山のふもとに普賢寺という
お寺があります。
09fugenji001.jpg

夕涼みがてら、そのお寺で開かれている『普賢まつり』に行ってきました。
光市の小学生は、このお祭りのために午前中で学校はおしまい。
09fugenji002.jpg

ここは『海難守護』のお寺でもあるそうです。御利益がありますように。
09fugenji008.jpg

露店が200店以上も集まる盛大な縁日です。
ブルーシールアイス、佐世保バーガーにケバブサンドの屋台も
09fugenji010.jpg

怖いのか?面白いのか?分かりません。
09fugenji011.jpg

同級生の女の子をエスコートするヨシヒロ、アドバイスを送るのはガイオウ。
耳を澄ますと中から聞こえるのは悲鳴ばかりでした。
09fugenji017.jpg

ジュニアのメンバーだけでなく、いつもハーバーで顔をあわせるみんなが
遊びに来てました。
09fugenji016.jpg

今日(5月15日)もやってるそうです。


別窓 | 番外編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
1レースだけ
2009-05-11 Mon 11:26
朝からピーカン(古い?)のハーバー
techno001.jpg
風がない。

最終日を迎えたJSAFユースチャンピオンシップテクノ293は、なんとか、
午前中、南よりの風3メートルから1.5メートルのコンディションで1レースを消化しました。

ウィンドサーフィンは、アップウィンド、ダウンウィンドともにパンピングが許されています。
微風の中ではひたすらパンピングを繰り返す選手たちは大変です。

午後から最後の1レース、スタートは何とかしたものの途中でぱったり風がなくなり
ノーレース。

ウィンドの曳航はとても楽しそうです。
techno005.jpg

イチローは、メダルを2つもゲットしました。
techno026.jpg

物欲しげにメダルを見つめる光ジュニア。
techno032.jpg

今度イチローにウィンドサーフィン教えてもらおうか?
techno038.jpg

別窓 | 番外編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
テクノ293
2009-05-09 Sat 23:09
交流村のハーバーでは『テクノ293』というワンデザインクラスのウインドサーフィン
のレースが行われています。

関東から九州まで、将来のウィンドサーフィン界をリードする
ユース/ジュニアの選手達。
09050901.jpg
開会式から地元テレビ局も密着取材です。

ついこないだまでOPに乗っていた小学5年生のイチロー
この春からウィンド始めたばかりなのにバリバリ走っています。
09050902.jpg

でも、もっとすごいのは報道艇の船長さん
09050903.jpg
片足で見事なティラーさばきでした。
別窓 | 番外編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
第29回少年少女オープンヨット大会-西日本
2009-05-06 Wed 11:58
5月3日から5月5日の3日間、広島の観音マリーナで開催された
『第29回少年少女オープンヨット大会』に行ってきました。

各クラス優勝者には文部科学大臣、国土交通大臣の賞状が授与されます。
09jjyunishi080.jpg

光ジュニアのエントリーは
Aクラス イブキ、ナナ、ヨシヒロ
Bクラス ワタル、コウタ、マサシゲ、ガイオウ

大会初日の朝、光からの遠征組みは混雑に巻き込まれることもなく
スムーズに観音まで着ましたが、遠方からの遠征組みは高速道路の渋滞に
つかまったところもあり三々五々の集合です。

高速道路の乗り放題1000円はありがたいのですが、所要時間がまったく読めなくなりました。

1日目はトライアルレースを予定通り1本行い、開会式、安全講習会で
夕方は盛大なレセプションが待っていました。

広島ジュニアのお母さん方が用意してくれたおでんにたこ飯、自家製ハムにピザ。
さらにトライアルレース参加者に豪華景品の大盤振る舞いで選手たちは大騒ぎでした。

トライアルレースでは、光ジュニアの面々もまずまずの走りを見せてくれたのですが
本レースとなると、イブキがかろうじて3位に食い込んだもののAクラスは広島ジュニアの独壇場でした。
09jjyunishi036.jpg

この1年でものすごく成長した広島ジュニアのコタロウ君はAクラス堂々の2位
09jjyunisi081.jpg

Bクラスは、初日に圧倒的な走りを見せた玄海ジュニアのリンペイ君が優勝。
09jjyunishi043.jpg

光ジュニアからはコウタ、マサシゲがそれぞれ7位、8位と入賞しましたが...
なかなか安定して上位が走れません。
09jjyunishi066.jpg

観音マリーナでは南よりの風が吹くとフィニッシュが防波堤の目の前です。
09jjyunishi057.jpg

光ジュニアのビッグニュースはナナちゃんが、Aクラスの公式戦で
初のトップフィニッシュを第6レースで見せてくたことです。
09jjyunishi017.jpg
これをきっかけに大きく飛躍してほしいです。

さて、日本ジュニアヨット連盟主催のこの大会、毎年、次の開催地を巡って
どこでやるのか議論になります。

開会式後の指導者ミーティングの場で今度は光でどうかという話になりました。

開催時期の問題、運営に関する問題、エントリーフィーの問題など
昨年から光ジュニア内で散々議論してきました。

西日本の各クラブの選手/保護者が喜んで参加できる状態でないと
やる意味がないのではと考えています。

結局、来年の大会をどうするのか6月中に各クラブから意見を集めて検討するということになりました。

ぜひ誰もが気軽に参加できる大会にして下さい。
09jjyunishi047.jpg
別窓 | レース | コメント:2 | トラックバック:0 |
| 光ジュニアのセーリング日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。